燃料電池車に必要な水素ステーションと車のフィルムについて

SITEMAP

車

燃料電池車に必要な水素ステーション

海と車

石油が高騰している中、次世代のエネルギーとして燃料電池の実用化が期待されています。燃料電池は水素と酸素を反応させて水を作る時の熱を利用する仕組みなので、自動車の燃料としては環境面でも非常に優れています。しかし問題なのは水素という危険な物質を使うことであり、常温で気体になることもあり管理に気を使います。
現在の車の主要な燃料であるガソリンや軽油を供給する給油所の管理に、危険物取扱者の資格だけが必要なだけなのに対して、水素には専用の資格に加えて経験も必要なくらいに法的なハードルは高いです。
そのため燃料電池車が普及するには水素ステーションが全国に設置される必要があるのですが、管理できる資格と経験の保持者が少ないという最大の問題があります。しかしそれは法律が今のままであるとすればの話です。
おそらくは何らかの法改正があり、水素の供給所を管理する人達を増やすために、経験という取りにくい手段の代替方法ができると思われます。しかし水素は、ガソリンや軽油に比べて危険の度合いが格段に高い物質であることも事実です。そうなるとやはり水素管理の経験は必須と思われす。
つまり経験を積む環境が必要な訳で、普及が進むためには水素ステーションの管理者を育成するための方法が、燃料電池車の技術面よりもこれからの課題になると思われます。

車のガラスに使用できる商品には、車のフィルムがあります。
今回は、そんな車のフィルムについて少しご紹介致します。
車のフィルムにもスモークタイプやミラータイプなど、色々と種類があります。
例えばスモークタイプは、外から見え辛くなりますので、プライバシーの保護の観点から使用される事も多いですし、太陽光線を反射させるミラータイプは、その高い断熱性を期待されて使われる事も多いかと思います。
他にも、透明に近いフィルムでUVカット加工をされているフィルムなど、フィルムにもそれぞれ特徴がありますので、選ぶ際には自分に合った物を選びましょう。
さてそんな車のフィルムですが、車に貼り付けを行なう際には、注意しなければならない事もあります。
それは、フロントガラス、運転席や助手席側の側面のガラスには可視光線透過率が70%以上確保できないフィルムを使用してはならないと、法律で決まっているという事です。
もちろんこれは、フィルムを貼った状態での透過率ですので、上記の箇所のガラスには、貼れるフィルムもかなり制限されるものと思います。
他にも車によっては、条件次第で制限が設けられていますので、お店で話を聞くなどしてしっかり確認をしておきましょう。
いかがでしたでしょうか。
車のフィルムを購入する際には、自分の車に合った物を選びましょう。

ガッツリ稼げる工場の派遣求人は「グッジョブナビ」が検索するのに便利ですよ。

UPDATE ARTICLE

TOP